ページトップへ戻る

ネット限定ネット得割 詳しくはコチラ
家づくりのすすめ方
夢のマイホームができるまで

展示場見学からご契約まで
step1:展示場見学・商品説明
当社のモデルハウスは実際に住まわれるご家族を思い描いて、現実的な生活サイズを基準に設計されています。
充実の標準装備を見て触れて確かめながら、実際にご家族が住むこと、将来的にご家族構成が変わることも想定して、大きさや間取りを見れば、
ご家族の生活スタイルに合った商品が見つかるはずです。
構造のこと、耐震のこと、設備のこと、標準では何が装備されているか…気になることはなんでも聞いてください。
オール電化や豪華な装備についてもご相談に応じます。
step2:現場見学会
実際の現場にて、構造や仕上がり、広さや間取りなど納得できるまで確認してください。不明点があれば、その場で質問もできます。
展示場では見られなかった内部の作りもご覧ください。自信を持ってお見せします。
現場にいる施主様や職人さんに直接質問していただくことも可能です。
いろいろな現場を見ることで、自分の家づくりの参考にできます。
step3:資金計画のご相談・キャンペーン参加(期間中に限る)
月々返済可能な金額、総予算…いろいろな角度からの相談もお受けします。
これから先に予定される、教育資金や老後資金も視野に入れながら生活スタイルに合った住宅ローンを組みましょう。
照明やカーテンなど、入居後にかかる経費もありますが、当社の場合はすべて総予算に含まれるので安心です。
借り入れが不安だという方も、お気軽にご相談ください。
装備のグレードアップ、より快適な住空間を作り出すプラスアルファをプレゼントしながら、特別価格でご提供します。期間中ならとってもお得です。ぜひこの機会をお見逃しなく。
限定数などありますので、ご相談ください。
step4:敷地・役所調査
専門のスタッフが、役所、土木事務所、水道局などに伺って調査します。
調査を受けて、お客様の土地を最大限に活用できるようにご提案します。
同じ広さの土地でも、地域によって建てられる大きさや工事内容が違います。
道路計画、区画整理など将来に関わる情報をご提供します。
step5:お見積もり提示
当社の見積もりは、ほぼそれが総予算になるように作られています。
設備にこだわりたい、外観にこだわりたい、エコ住宅にしたい…ご要望がはっきりすれば、お見積もり通りに家を建てることができます。
建築費以外にも、許認可・登記費用、銀行諸経費、火災保険なども加算されます。他社の見積もりと比べる場合には、ご注意ください。
お見積もりを見て、夢がかなうことを実感していただける価格をご提示できるように努めています。
ご契約成立
プランニングからお引渡しまで
step1:プラン・仕様打ち合わせ・地盤調査
まず地盤調査。土台を確認してから、ご家族で夢を語り合って、自分たちらしい家のイメージを膨らませてください。
外壁、建具、カラー、間取り…思い思いの夢を伝えてください。経験豊かなプロフェッショナルがご一緒に打合せさせていただきます。
step2:最終確認、許認可、確認申請、設計住宅性能評価・地鎮祭・配置確認
今まで打ち合わせてきた内容の最終確認です。見積もり、図面もしっかりチェックしてください。
第三者機関による設計検査もあるので、安心して当社にお任せください。
地鎮祭では、工事の安全を祈願し、ご家族の皆様、関係者が集まります。(軽装で構いません)
実際に建築する位置なども、第三者機関とともに確認させていただきます。
step3:基礎着工、配筋検査(第三者機関)
家を支える土台は完成後には見えないところですが、許可申請通りに工事が行われているか第三者機関によるチェックがあるので、安心してお任せください。
着工前には、当社の現場監督がご近所へご挨拶にうかがいます。
step4:上棟、金物検査・断熱検査(第三者機関)・木完検査
土台敷きから木工事が始まります。少しずつカタチになるマイホーム、職人さんたちの仕事をぜひ見に来てください。
大工さんの工事が終わると、仕上げの段階です。イメージ通りに仕上がっているか厳しい目で見てください。
耐震のための金物や断熱材なども第三者機関が厳しくチェックするのでご安心ください。
この段階で、登記や銀行の手続きが必要になります。
step5:竣工検査・仕上検査(第三者機関)
建物の工事完了です。お客様立会いのもと、検査を行います。
電話・電気・ガスなどの手続きが必要となります。
お引渡し
現場監督より、さまざまな住宅設備の使用法など説明させていただいた後、鍵のお引き渡しになります。
新しい生活のスタート
アフターメンテナンス 定期的に、営業が新居をお尋ねして不具合などをお聞きしますが、何かあればすぐにご連絡ください。注文住宅のお付き合いは、完成後にこそあると思っています。末永くよろしくお願いいたします。